製品案内

乳糖製菓が自信をもってご提供する商品

 

当社では、厳選された素材を使用しているのは勿論のこと、特に卵に関しましては、毎朝届く新鮮な卵を当社で割卵し、使用しております。
また、当社独自秘伝の配合により、他社のバームクーヘンとは違った「ずっしりと重たく、しっとりとした」バームクーヘンを焼き上げ、お客様にご提供しております。

 

当社乳糖製菓のバームクーヘンの中にも、下記の2つのタイプがあります。

 

① 長期保存型バームクーヘン (贈答用向き)

 

賞味期限が30日以上あり、ご贈答等の長距離輸送に向いております。

 

 

武田錦糸町工場長

 

 

② 焼きたてバームクーヘン (自家消費向き)

 

消費期限が4~5日と短くはありますが、流通されているバームクーヘンでは味わうことができない風味をお客様にお届けできることです。バームクーヘンの一番の食べ頃は、焼き上げた翌日といわれております。焼きたてバームクーヘンは、お客様にとって一番美味しい、食べ頃のものを毎日お届けしております。

 

 

高柳押上工場長

 

 

 

 

本格 下町バームクーヘン


 

ジャンボバームクーヘン

 

乳糖製菓の看板商品は、本格バウムクーヘン、「ジャンボクーヘン」です。
こだわりの新鮮卵の自家割卵はもちろん、吟味された素材ならではの豊かな風味をお楽しみいただけます。
またこの大きさにも美味しさの秘密があります。
大きく焼くことにより、従来のバームクーヘンにはない「しっとり感」が生まれます。
お味はバニラ・ココア・チーズ・ヨーグルトバナナ・ヨーグルトストロベリー。

 

ドイツの伝統である表面の「段々」は正統派の証。40年の伝統と、下町ならではの風情ある「温かさ」を
商品を通してご堪能ください。

 

ジャンボクーヘンの作り方

 

作り方①「生地をつくる」

 

毎朝届く新鮮卵を「自家割卵(じかかつらん)」するのは、生地のしっとり感へのこだわりです。
液卵に砂糖、小麦粉、マーガリンを加え、丁寧にミキシングします。

 


 

作り方②「焼く」

 

窯は専用の大型窯です。
専用の大型窯で焼くと、生地がしっとりと焼き上がります。
焼き上がりに、バームクーヘンに焼きの証しである「山」を装飾します。

 

 

作り方③「切る」

 

 

粗熱が取れたところで、定形にカットして「ジャンボクーヘン」の完成です。

 

 

 

ふんわり焼きたてジャンボクーヘン

 

こだわりのしっとり感がある「ジャンボクーヘン」は、ティータイムに最適です。工場前では、焼きたてバームクーヘンを販売しております。(種類は日替わり)

 

東京の下町で、今日も美味しいバームクーヘンを一生懸命焼いています。